首イボの液体窒素による治療の効果は?

友人の「液体窒素による首イボ除去」の体験談をご紹介!

私は毎日、気になる首イボを「艶つや習慣」というオールインワンジェルでケアしています。

 

実際に取れる直前には、首イボが真っ黒になるんですよ。
それがポロッといった時の、あの快感は・・・
なかなかのものですよ♪(ちょっとヤミツキ!?)

 

 

 

地道に化粧品でのケアを続けている私ですが、、妹はサッサと皮膚科に行って、炭酸ガスレーザーによる治療を受けました。
ことあるごとに、「化粧品なんか試すより、病院に行った方が早いよ!」と、どやされていますが、やはりそれは人それぞれですよね。
私は、化粧品で何とかなるなら、それに越したことはないと思っています。

 

ところで、私の友人には、首イボをハサミで除去してもらったり、液体窒素による治療を受けた人もいます。
今回は、「液体窒素で首イボを除去した」友人の体験談をご紹介したいと思います。

 

皮膚科での治療を考えている方は、是非参考にしてみて下さいね。

液体窒素で首イボを除去!いったいどんな治療法なのか

液体窒素とは、窒素が冷却されて液体になったもので、別名「凍結療法」とも呼ばれています。

 

−196度という超低温の液体窒素を綿棒に付けて、イボに押し当てます。
そして、一時的にヤケドのような症状にして、カサブタにして取ってしまうという方法です。

 

何だか、荒っぽい印象を受けますが、首イボの治療法としては、一般的なものなんですよ。
また、保険が効くというのも嬉しいですね。
(友人はそれが理由で、保険が効かない炭酸レーザーではなく、液体窒素を選んだようです。)

 

液体窒素による治療が適しているのは、アクロコルドンやスキンタッグなどの、比較的小さいサイズの首イボです。
この2種類であれば、一回の治療で首イボが取れてしまうことも多いんだとか。

 

とはいえ、首イボの数が10個〜20個と多い場合は、肌への負担も考えてなくてはなりません。
一週間程度の治療期間を取って、数回に分けて治療を行うこともあります。

 

1cm以上ある軟軟性線維腫や懸垂性線維腫の場合は、やはり数回の治療が必要ですね。

 

 

 

私の友人は、主にアクロコルドンとスキンタッグでしたが、やはり数が多かったため、暫く通院していたようです。

 

ところで、液体窒素による治療は、もちろん麻酔をするので、痛みは殆どありません

 

ただ、友人は、
「少し痛みがあるってかもって聞いていたけど、大丈夫だったよ。
どちらかと言ったら、痛いと言うより、冷たいというか、熱いというか・・・そんな感じだった。」
と、話していましたね。

 

治療後は、少し赤みが出たようですが、すぐに消えたそうです。
本人も、記憶が定かではないようですが、ヨクイニン錠のようなものが出されたと言っていました。

 

また、別の友人は、この液体窒素でホクロを除去したことがあります。

 

 

 

彼女の首の後ろには、かなり大きめのホクロがありました。
本人には全く見えないので、そんなに気にしてはいませんでしたが、周りから「取った方がいい!」と言われて、液体窒素による治療を試みんだとか。

 

彼女の場合は、一回の治療で無事に終わりました。

 

今では、本当にキレイに治っていて、あんなに大きなホクロがあったなんて、微塵も感じられません。
治療中の痛みも、全くと言っていいほどなかったそうですし、やがてカサブタのようになったホクロは、スイミングをしている最中に、なくなってしまったんだそうです。

 

本人、「記念に残しておきたかった!」とふざけたことを言っていましたが、ショートヘアの似合う人なので、あのホクロがなくなって、本当によかったと思います。

液体窒素の治療はシミになりやすいってホント!?

液体窒素で首イボやホクロを取った私の友人たちは、どちらも非常に満足していました。
でも、一般的には「シミになりやすい」というデメリットがあると言われています。

 

施術後、一時的にシミのような状態になっていても、基本的には一ヶ月くらいでキレイになります。
もちろん、この期間中の紫外線対策や美白ケアは欠かせません

 

ただ、「色素沈着の可能性が高いので、女性にはオススメできない」という医師もいるので、心配な方は炭酸ガスレーザーを選んだ方がよいでしょう。

 

私自身は、液体窒素と炭酸ガスレーザーを体験した彼女たちの体験談を聞いて、もし自分がどちらかの治療を受けるとしたら・・・

 

やはり、炭酸ガスレーザーを選ぶと思います。

 

理由は、単純!
レーザー治療の方が、最先端というイメージがあるからです。(笑)
もちろん、保険が効かない分、料金は高くつきますが、「シミになる心配が若干ある」というのなら、それは安心料ということで!

 

でも、今は「艶つや習慣」で毎日のケアを楽しんでいるところなので、そんな予定は全くありませんけどね♪

 

 

「艶つや習慣」の購入は、コチラから!⇒ 艶つや習慣公式サイト

関連ページ

首イボを皮膚科で治療する!でも、どんな治療方法があるの?
皮膚科で首イボを治療しようと思ったら、いったいどんな方法があるのでしょうか?ここでは、代表的な4つの治療方法についてご紹介します。ご自身の首イボの状況にあった治療法を、専門医と相談して決めましょう。もちろん、料金の確認も忘れずに!
首イボにはレーザー治療!炭酸ガスレーザーってどんなもの?
皮膚科による首イボの除去には、色々な方法があります。また、保険の効くものと効かないものも!人気のレーザー治療は、主に炭酸ガスレーザーが使われています。いったい、どんなことをするのでしょうか?ここでは、炭酸ガスレーザーによる首イボ治療のメリットとデメリットを紹介していきます。
首イボを皮膚科で除去!カウンセリングとレーザー治療の流れ
首イボの治療で人気なのは、炭酸ガスレーザーですね。保険が効かないため、料金は高くなりますが、首イボをキレイに除去することができます。ここでは、治療の前に行われるカウンセリングの重要性と、レーザー治療の簡単な流れについてご紹介していきます。
首イボをレーザーで除去!カサブタが剥がれると理想の首に!
首イボを除去するための治療には、色々なものがあります。一番オススメなのは、やはりレーザーでしょう。炭酸ガスレーザーを照射して、アフターケアをしながらカサブタになるのを待ちます。このカサブタが取れれば、アナタの首は美しく生まれ変わっていますよ!
首イボを皮膚科で除去したい!でも保険は効くの?
首イボを早く・確実に・キレイに治したいなら、やはり皮膚科で除去してもらうのが一番です。でも、気になるのは保険が効くのかということですね。実は治療法によって「保険適用」になるか「保険適用外」になるか、変わってくるんですよ。しっかりと理解を深めておきましょう。
首イボ治療の病院(皮膚科)はここをポイントに選ぼう!
アナタが病院(皮膚科)で首イボを治療しようと思ったら、まずは一般皮膚科にするか美容皮膚科にするかを決めましょう。保険が効く・効かない、どんな治療法にするのか、先生は?など、病院を選ぶポイントには色々あります。しっかりと見極めて、後悔のないように!
首イボはハサミで切るのが一番いい?皮膚科医のオススメは
皮膚科で首イボを治療しようと思ったことは、ありますか?液体窒素やレーザーを使った治療法などがありますが、ハサミで切除するという、原始的な方法もあるんですよ。実は、「これが一番いい」という皮膚科医も少なくありません。保険も効いてキレイに取れるなら、確かにいいですよね!
首イボにはデルマトロン!特にアクロコルドンはオススメ
皮膚科で首イボを治療しようと思ったら、ハサミで切るか、液体窒素で焼くか、レーザー治療を受けるか・・・ところが、もっと画期的なものがありました!デルマトロン(中周波治療器)てご存じですか?これが、首イボ(特にアクロコルドン)の治療に超いいんですよ!
首イボをレーザーで治療!でも気になることがあるんです?
気になる首イボを、レーザー治療で治そうと考えたら・・・色々と気になることがありませんか?「痛くない?」「出血は?」「ガンになったりしないの?」と、さまざまな疑問が生まれてきますよね?ここではQ&A形式で、よくある質問にお答えします!

HOME 艶つや習慣 首イボに効果がある化粧品 首イボに効く薬